最新

【支出】レギュラーガソリン価格の全国平均店頭価格(9/3公表)-7週連続値下がり、前週比マイナス0.6円のレギュラー167.8円/Lに

資源エネルギー庁発表の9/1付けガソリン価格は、全国平均で前週比マイナス0.6円と7週連続の下げとなりました。

前週比、値下がりの都道府県が46となり (横ばい1県)、上昇する都道府県はありません。

 

レギュラー全国平均店頭価格167.8円/リットル(前週比0.6円下落)

 

ハイオク178.6円(前週比0.7円下落

 

2011年以降のガソリン価格の推移グラフ

 Gasoline20140903

 
ガソリン価格は、7月に天井をつけたあと、ここ最近お伝えしてきたように、7月以降の原油価格下落の動きを追うようなかたちで下落がつづいています。 

 

原油価格はこのところまだ弱含んだ動きとなっており、こもまま続くようだと、為替レートの大幅円安等が気になりますが、ガソリン価格ももう暫く下落基調が続くことが想定されます。

 

なお、ガソリン価格に関して主に原料となる原油の価格と為替レートが決定要因となることについては、以前の記事 (【支出】上昇の止まらないガソリン価格は海外原油価格*ドル円為替*税金で決定されている。)をご参照ください。

 
GasolineWTI0904

(注1)原油先物価格はWTI 先物価格(ドル/バレル)

 

 

当道府県別 -上位ランキング


鹿児島県が引続きトップ。 大分、和歌山が大きめの下落幅です。

順位 都道府県 レギュラー
(円/㍑)
前週比 ハイオク
(円/㍑)
前週比
1 鹿児島 175.4 -0.3 184.9 -0.3
2 長  崎 173.7 -0.4 184.0 -0.4
3 佐  賀 172.5 -0.6 183.2 -0.6
4 大  分 172.2 -0.8 183.2 -0.7
5 岐  阜 170.9 -0.5 182.1 -0.5
6 滋  賀 170.9 0.0 181.3 0.0
7 長  野 170.6 -0.5 181.7 -0.6
8 京  都 170.6 -0.3 181.6 -0.4
9 和歌山 170.4 -1.1 181.0 -1.1
10 静  岡 170.3 -0.2 181.5 -0.2

   

当道府県別 -下位ランキング


岡山県がこれまで同様に最安値県となっています。 全体として下落幅が大きくなってきましたが、高知が4円以上の大幅な下落、青森も1円以上下落しています。

順位 都道府県 レギュラー
(円/㍑)
前週比 ハイオク
(円/㍑)
前週比
38 秋  田 165.7 -0.3 176.8 -0.3
39 青  森 165.5 -1.3 176.5 -1.3な
40 神奈川 165.5 -0.9 176.4 -0.9
41 宮  城 165.4 -0.7 176.1 -0.8
42 鳥  取 165.1 -0.7 176.2 -0.6
43 茨  城 164.8 -0.9 175.9 -0.8
44 千  葉 164.5 -0.7 175.2 -0.7
45 高  知 163.8 -4.3 174.0 -4.2
46 埼  玉 163.6 -0.7 174.6 -0.6
47 岡  山 162.9 -1.1 173.5 -1.0

 

 

▲TOPに戻る