最新

【支出】水産物の市況について(平成26年8月及び9月) いわしとさんまはまだ贅沢品?

水産物の市況についての水産庁から29日に発表があった。高止まりしている水産物の推移はどうなるのか、主婦(夫)の方のためにへお知らせします。

9月は全般的に前月よりも下げますが、さばはやや高くなるようです。

しかし、いわし、さんまについては前年同月比、平年同月比とも150(50%高い)を超えており、昨年よりもかなり高くなっています。

今月1日からマルハニチロの水産関連缶詰も値上がりが決定しており、水産物を食べることはかなり贅沢になってしまっています。

 

8月の状況


 

東京都中央卸売市場における総入荷量(水産物の生鮮品、冷凍品、加工品の合計)は前月と比べ減少となり、

卸売価格(水産物全体の1キログラム当たり平均価格)は前月と比べやや強含み(高め)に推移しました。

 

   東京都中央卸売市場卸売価格(概数) 
8月  前月対比  前年同月対比  平年同月対比 
いわし(生鮮品)  890 159 177 234
さけ・ます(平均)  949 99 125 148
(ぎんざけ塩蔵品)  918 100 137 138
(あきさけ塩蔵品)  589 97 96 116
(ときさけ塩蔵品)  972 100 113 123
(べにざけ塩蔵品)  1080 100 113 115
(さけ類冷凍品)  952 100 129 161
さば(生鮮品)  382 127 93 106
するめいか(平均)  500 113 107 131
(生鮮品)  522 121 111 139
(冷凍品)  463 95 105 123
あじ(生鮮品)  707 105 112 126
まぐろ(冷凍品)  1182 86 90 86
(めばち冷凍品)  877 101 97 91
(きはだ冷凍品)  790 104 90 82
(くろまぐろ冷凍品)  3054 72 81 86
(みなみまぐろ冷凍品)  1654 88 77 72
かつお(生鮮品)  674 117 96 105
さんま(生鮮品)  962 157 162 173

 

 

9月の価格推移の見込み


 

さけ、ます、するめいか、かつお、さんま あたりが今月は少しお徳になる見込みのようです。

しかし前年比、平年比で安い、あるいは同じくらいの価格である魚はマグロとかつおしかないようです。

  • 「まいわし(生鮮品)」 横ばい
  • 「さけ・ます(塩蔵品・冷凍品)」 やや弱含み
  • 「さ ば(生鮮品)」 やや強含み
  • 「するめいか(生鮮品・冷凍品)」 やや弱含み
  • 「あ じ(生鮮品)」 横ばい
  • 「まぐろ(冷凍品)」 横ばい
  • 「かつお(生鮮品)」 弱含み
  • 「さんま(生鮮品)」 やや弱含み

 

目安として以下のようなレベル感になっています。

  • 横ばい 0~ 2 %
  • やや強(弱)含み 3~10% 
  • 強(弱)含み 11 ~20% 
  • かなり強(弱)含み 21 ~50%
  • 51~ 
▲TOPに戻る