最新

【収入】「ホワイト企業」・「ブラック企業」? ランキング医薬品業界- 勤続年数と生涯給与で見る従業員に魅力のある企業

シミュライズでは上場企業の開示資料から、報告企業の従業員の平均勤続年数データを用い、従業員の立場からより魅力のある(と思われれる) 企業をランキングし、公表しています。 ここでは、ランキングトップの田辺三菱製薬(株)の属する医薬品業界の企業について、その特徴等をみてみたいと思います。

 

ランキングにおいては、今年既に決算資料を公表している 2013年12月~2014年3月決算期末の上場企業3000社強 (全上場企業の85%程度)の決算データにおける各企業の平均勤続年数と、シミュライズ推計の生涯給与 を用いています。 細かくは議論の余地があるとは思いますが、ここでは以下を想定し、それぞれの水準から点数付けを行い、その合計点からランキングを決定しています。

  • 勤続年数が長い企業は従業員にとって魅力が高いと想定
  • 推計された生涯給与が高い企業は従業員に魅力が高い

 

全企業のランキングについてはこちらをご覧ください

【収入】「ホワイト企業」、「ブラック企業」?ランキング 勤続年数と生涯給与で見る従業員に魅力のある企業

 

勤続年数、生涯給与による従業員に魅力のある企業ランキング-医薬品

順位 銘柄
コード
会社名 勤続
年数(年)
生涯
給与(億円)
前年
変化
1 4508 田辺三菱製薬 20.0 3.25 -0.9%
2 4523 エーザイ 19.8 3.91 -3.0%
3 4540 ツムラ 19.9 3.21 2.4%
4 4568 第一三共 17.7 3.97 3.3%
5 4503 アステラス製薬 16.6 3.99 1.9%
6 4151 協和発酵キリン 16.7 3.31 0.3%
7 4506 大日本住友製薬 16.6 3.22 0.3%
8 4507 塩野義製薬 16.9 3.21 -1.0%
9 4534 持田製薬 17.3 3.20 0.2%
10 4514 あすか製薬 18.4 3.01 8.3%
11 4516 日本新薬 18.2 3.00 1.4%
12 4519 中外製薬 15.6 3.58 3.3%
13 4528 小野薬品工業 15.9 3.40 -0.4%
14 4502 武田薬品工業 14.1 3.70 -1.3%
15 4549 栄研化学 19.9 2.80 2.6%
16 4548 生化学工業 13.0 3.38 0.3%
17 4521 科研製薬 15.5 3.06 4.3%
18 4547 キッセイ薬品工業 15.3 3.05 2.1%
19 4536 参天製薬 15.8 3.02 2.9%
20 4559 ゼリア新薬工業 16.1 2.90 -1.7%
21 4539 日本ケミファ 16.6 2.74 0.0%
22 4550 日水製薬 17.0 2.50 1.8%
23 4551 鳥居薬品 13.0 2.82 -0.5%
24 4555 沢井製薬 9.1 3.02 5.8%
25 4541 日医工 14.9 2.55 5.2%
26 4538 扶桑薬品工業 16.9 2.24 1.0%
27 4512 わかもと製薬 17.9 2.15 4.0%
28 4552 JCRファーマ 7.7 3.02 5.6%
29 4574 大幸薬品 9.5 2.81 -0.8%
30 4530 久光製薬 11.5 2.58 -0.3%
31 4527 ロート製薬 10.6 2.58 3.4%
32 4517 ビオフェルミン製薬 14.8 2.12 -3.4%
33 4531 有機合成薬品工業 16.3 1.94 2.9%
34 4553 東和薬品 9.8 2.50 1.1%
35 4557 医学生物学研究所 11.0 2.31 1.9%
36 4524 森下仁丹 11.7 2.20 3.6%
37 4556 カイノス 10.6 2.10 4.0%
38 4558 中京医薬品 12.0 1.87 8.6%

(注1)有価証券報告書などを基にシミュライズまとめ。
(注2)勤続年数は、報告企業公表による従業員平均値、生涯給与は、シミュライズモデルによる推計値。
(注3)前年変化は、推計生涯給与の前年値からの変化率

(注4)従業員数が100人以下の企業、設立5年以内の企業(かつ平均勤続年数5年以下企業)、および、企業名にホールディングを含む持ち株会社等の一定の企業を除く

 

医薬品業界のランキングを見てみると、全38 社のうち、上位10社の勤続年数は18年であるのに対し下位10社の平均勤続年数は11.8年と、同じ業界にもかかわらずかなり開きがあるのが特徴です。 当然、上位と下位企業では生涯給与の水準も異なりますが、勤続年数の違いのインパクトが比較的大きくなっています。

 

企業属性をみると、上位企業は、数千人規模の従業員を有する大手の総合医薬品メーカーがほとんどを占めるのに対し、下位企業は、臨床検査薬メーカーや、ジェネリック医薬品メーカー、または、鎮痛消炎剤、乳酸菌、止瀉薬、ホルモン剤など特定分野に強みを持つ従業員数百人を持つ中堅企業などが占めているのが特徴です。

 

同業種で似たような業務を営む企業間で 勤続年数が大きく異なってくるのは、中途採用が多いなど様々な要因ありえ、それのみで必ずしも従業員の魅力度が測れる訳ではありません。 しかしながら、就職、転職などの際には、可能な範囲でその理由について探ってみるのは重要なことかもしれません。

 

医薬品業界の生涯給与については、こちらの記事もご覧ください。

【収入】生涯給与ランキング2014 医薬品 - 大塚ホールディングスがトップ保持、アステラスと第一三共が躍進

 

 最新オリジナルニュースやジャンル別の記事については、ホームへ どうぞ。 

 

 

<ご注意> 当サイトにおけるコンテンツ情報は、各種情報元より取得したデータの集計・加工等を行い掲載しており、推計値や推測等も多く含んでいます。あくまで参考としてのご利用にとどめてくださいますようお願いします。また重要な判断の際には、必ずご自身で情報元をご確認ください。情報に関しましては精査をしておりますが、当社は、その正確性や最新性について保証しません。当社が提供するコンテンツ情報に関連して利用者に発生したいかなる損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。

▲TOPに戻る