最新

【収入】 生涯給与ランキング2014年の上位20社は、どんな業種?どんな企業?

今年公表の企業データを用いてアップデートされた 2014年の生涯給与ランキング、上位20社の特徴を探りましょう。

 

昨年と今年のランキング上位20社の業種内訳をまず見てます。

業種(細目) 2014年 2013年
総合商社 5社 5社
メディア 5社 5社
M&Aアドバイザリー 3社 3社
電気機器 2社 2社
コンサルティング 1社 2社
広告 1社 1社
証券 1社
保険 1社
銀行 1社
医薬品 1社
ゲーム 1社

 

20社のうち、17社は昨年と同じ顔触れ、特に、総合商社、メディア、M&Aアドバイザリーは全く同じ複数社が入っています。

 

昨年からの変化で特徴的なのは、証券、保険、銀行の金融三社がランクインしてきたこと。 三社ともに金融持株会社、(ホールディングス)で、シニアな管理者クラスが子会社から転籍していることにより、平均給与が高くなっている面はあります。  ただし、いずれも従業員を数百人抱えており、今年ランクアップしていることから、これら金融機関において全社的な給与アップが図られてきてることが想像できます。

 

同様に、メディアのうち4社も持株会社です。 社員数十人の企業もあり、こうした先では、傘下企業の従業員を含めた平均給与は、より低くなっている可能性が高いといえます。

 

一方で、総合商社広告いずれも数千人規模の従業員を有する企業で、正に全社的な給与レベルの高さがみてとれます。 また、M&Aアドバイザリーコンサルティング少数精鋭の高度な専門知識を持った従業員で構成されていること、ランクインしている電気機器メーカー((株)キーエンス(株)アクセル)は、共に会社としてかなり技術レベルの高い製品に特化していることが、高い給与水準に繋がっていると考えられます。

 

生涯給与ランキング 2014  上位20社 

順位 銘柄
コード
  会社名 業種 業種細目 生涯給与
(億円)
1 2127 日本M&Aセンター サービス業 M&A 6.03
2 6861 キーエンス 電気機器 電気機器 5.86
3 2174 GCAサヴィアン サービス業 M&A 5.39
4 8604 野村ホールディングス 証券・商品先物取引業 証券 5.12
5 9405 朝日放送 放送業 メディア 5.11
6 4676 フジ・メディア・ホールディングス 放送業 メディア 5.09
7 6080 M&Aキャピタルパートナーズ サービス業 M&A 4.92
8 4310 ドリームインキュベータ サービス業 コンサルティング 4.90
9 8001 伊藤忠商事 総合商社 総合商社 4.86
10 9409 テレビ朝日ホールディングス 放送業 メディア 4.84
11 8058 三菱商事 総合商社 総合商社 4.72
12 8031 三井物産 総合商社 総合商社 4.72
13 8766 東京海上ホールディングス 保険業 保険 4.67
14 9401 東京放送ホールディングス 放送業 メディア 4.61
15 4324 電通 サービス業 広告 4.56
16 9404 日本テレビホールディングス 放送業 メディア 4.56
17 8053 住友商事 総合商社 総合商社 4.55
18 6730 アクセル 電気機器 電気機器 4.52
19 8002 丸紅 総合商社 総合商社 4.46
20 8316 三井住友フィナンシャルグループ 銀行業 銀行 4.45

(注)生涯給与はシミュライズモデルによる推計値

 

さらに、こちらの記事も是非どうぞ! 


 【収入】 生涯給与ランキング2014 全業種 公表 - 1位日本M&Aセンター、2位キーエンス、業種では医薬品と証券躍進

【収入】「ホワイト企業」、「ブラック企業」?ランキング 勤続年数と生涯給与で見る従業員に魅力のある企業

 

 

▲TOPに戻る