最新

【運用】株価は米国株バスケットは小動き。株価は小幅な下落&やや円高 嵐の前の静けさか?

好調な米国株バスケットは一休み。小幅な下落(-0.29)となって、インデクスは105.32で引けた。

S&P500インデクスは2,000.12 (前日+0.10)で 2000以上のレベルをキープして引けている。

NASDAQは4,569.62 となり-1.02 (0.02%)下げて終わった。

 

S&P500インデクスが2000を超えたところで2007年のような大幅な調整局面が近いとの見方もあり、中には30%から60%以上の下落を予想する参加者もいる。

インフレーションが予想外に高くなり、あわてて金利引き締めを急ぐと、完全に制御不能な状態になり、暴落フェーズが訪れるというシナリオだ。

今日は嵐の前の静けさなのか。。

USNISA20140828

為替については昨日から15銭円高になったため、米国株バスケットの下落とともにマイナスに作用した。

ID 名称 2014/8/27 前日 前日比
20001 US新テク 107.15 107.30 -0.15
20002 US旧テク 105.28 105.43 -0.15
20003 US大企業 105.45 105.60 -0.15
20004 USバイオ 110.17 110.45 -0.28
20005 US不動産 106.40 106.57 -0.17
20006 US新エネ 107.30 107.85 -0.55
20007 USロボット 101.34 102.01 -0.67
20008 USファイナンス 103.53 103.95 -0.42
20009 US食品 101.27 101.33 -0.06
20010 全体 105.32 105.61 -0.29

ダウ、S&Pインデクスはプラス。ナズダック指数がマイナスだったこともあり、小型株のマイナスが全体的に大きかったが、全バスケットマイナスの展開となった。

 

 

▲TOPに戻る