最新

【景気】外食産業は中国産鶏肉問題、悪天候で総じて低迷。ディナーレストラン、その他(宅配ピザ等)が検討

日本フードサービス協会が8/25に発表した2014年07月市場動向調査によると外食産業は総じて低迷となった。

7月は、台風第8号の上陸や梅雨前線の停滞などにより、全国のあちこちで大雨の被害が大きく、外食の客数は96.1%に減少した。

客単価は101.4%前年を上回ったものの、全体の売り上げを押し上げるには至らず、売上高は97.5%と2カ月連続して前年を下回った。

 

全体


 

外食産業①

【外食産業の売上は低迷】

 

業態別


 

悪天候に加え、中国産鶏肉食材の問題とその風評被害の影響もあり、ファーストフードパブレストラン・居酒屋の下落が大きかった。

ファーストフードの中でも洋風が88.1%と落ち込みが一番ひどい状況になった。

 

ファミリーレストランは引き続き101.1%と100%以上を保ち、健闘。 和風、焼き肉がその中でも堅調で全体を引っ張った。

総合飲食、宅配ピザ、給食等を含むその他ディナーレストランの好調さが目立った。

外食産業②

 

【業態別の事業者数・店舗数】

  事業社数 店舗数
全   体 214 31,885
ファーストフード  58 17,287
ファミリーレストラン  52 8,965
パブレストラン/居酒屋  37 2,280
ディナーレストラン  34 887
喫   茶  12 2,060
そ の 他  21 406
▲TOPに戻る