最新

【支出】マツダアクセラXDに魅力を感じる理由 燃費と走り これがお得なエコスポーツだ!

燃費も大事だがやはりそれだけでいいのか?と考える車好きは多いはず。

そこでハイブリッドや電池自動車とは違った選択肢を見てみよう。

お金的には 

ガソリン代・税金・補助金のインパクトを見ていこう。

アクセラ②

【マツダ アクセラスポーツXD】

 

クリーンディーゼル車という選択


ディーゼルのよさは燃費。一方、スポーティな走りに寄せる期待も高い人は多い。それを満たすことはできるのか?

マツダアクセラXD、ちかごろテレビCMで気になっている人も多いと思う。ガソリン、ハイブリッド等の選択肢も当然与えられているのだが、今日はその中でもディーゼルエンジンにフォーカスしたい。

 

XDはそのディーゼルの利点をフルに引き出したスポーツカーとなっている。

マツダアクセラ

スポーツと呼べるだけのトルクのあるディーゼルエンジンにより、スタートダッシュは抜群、コーナーからの立ち上がりもその伸びはすごい。 ル・マン24時間でディーゼルエンジンが勝ち続けているのは、単にピットストップの回数が少ないだけというわけではないだろう。

もちろんマニュアルを選択したいところであるが、奥様の意見でAT車を選んだ人も多いのでは。。。

 

ディーゼル車の中でもクリーンディーゼル車は幾つかのメリットがあり、日本ではプリウスの陰に隠れて知らない人も多いと思われるので、クリーンディーゼル車について紹介をしておこう。

 

 

 

【お知らせ】気になるニュースをお届けしますシミュライズ《無料》
日常生活から、就職、婚活、買物、教育など人生のさまざまなライフイベントについて
周りに溢れるお金の情報を整理しお届けいたします。

 

 

クリーンディーゼル車とは?


「ポスト新長期規制」(※ 文末)という排出ガス規制の基準に適応する、粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOX )の排出量が少ないディーゼル車。

 

従来のディーゼル車といえば、黒煙を出しながら走り、騒音も大きいといったイメージから、「環境に悪い」というイメージが大きいでしょう。 (なぜか日本では昔からディーゼルは良くないイメージですよね。。。)

しかし実は、ガソリン車よりもディーゼル車の方が燃焼効率が良く、CO2排出量も少ないという面があり、優れた環境性能を持っています。

skyactiv-d_main_ttl

【マツダのスカイアクティブD : 最新の新世代高効率クリーンディーゼルエンジン】

 

さらに、新しい燃料噴射システムである「コモンレールシステム」によって、排気ガスや騒音などの従来のデメリットが克服され、新たにクリーンディーゼルとして生まれ変わり、環境保護に敏感な欧州ではエコカーとして普及が急速に進んでいます

日本でも、CO2削減の観点から、クリーンディーゼルは次世代自動車の一つとして認定されており、購入できる車種も徐々に増え、今後の普及拡大が期待されています。

 

【日本で買えるクリーンディーゼル車】

  • ベンツ E350 BlueTEC AVANGARDE(セダン/ステーションワゴン)
  • ベンツ ML350 BlueTEC 4MATIC
  • 日産 エクストレイル20GT
  • 三菱 パジェロ
  • 三菱 デリカ D:5
  • マツダ CX-5 SKYACTIV-D
  • マツダ アテンザ
  • BMW X5 xDrive35d BluePeformance
  • BMW X3 BluePerformance
  • BMW 523d BluePerfomance
  • BMW 320d Blue Performance
  • アルピナ D5

 

クリーンディーゼル車の魅力


 

■ クリーン・・・ 粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOX)などの排出量が少ないクリーンディーゼル車は「ポスト新長期規制(※)」という排出ガス規制の基準に適応したエコカーです。 ディーゼルの排出ガスが黒煙をあげていた時代は終わりました。

■ パワフル(これも意外?)・・・クリーンディーゼル車の力強いトルクは、どんなシチュエーションでも思いのままに加速することができ、ドライビングの楽しさを実感できます。また、力強さに加えて静かでスムーズな走行感は、ストレスのない長距離ドライブを提供します。

■ エコノミー・・・クリーンディーゼルエンジンはガソリンエンジンと比較して約30%燃費が良くさらに安価な軽油を燃料とすることで、走行コストを節約することができます。

また、自動車取得税、重量税の免税や、クリーンディーゼル自動車導入費補助金など、さまざまな優遇を受けることができます。

 

 

補助金・支援政策等


日本で環境性能に優れた車と言うと、ハイブリッド車や電気自動車、燃料電池車が挙げられることが多いですが、電気自動車や燃料電池車が本格的に普及するまでには、まだ時間がかかりそうです。 そのため、クリーンディーゼル車の普及は今すぐできるCO2削減策のひとつとして注目されています(燃費性能に優れるディーゼルエンジンは従来のガソリン車と比較してCO2排出量が30%程少ないと言われています)。

 

環境性能に優れたクリーンディーゼル車の普及を促進するため、国による補助金や減税をはじめ、自治体による補助金など、クリーンディーゼル車を購入する際に利用できるさまざまな優遇制度があります。

 

現在、

マツダアクセラスポーツは取得税、重量税は免税クリーンディーゼル補助金対象になっています。

 

【要注意!!】

●補助金の申請が予算枠を超過する場合の受付期間は、別途定める終了日までとなります。
●補助金の支給を受けるためには、原則として、対象車両を4年間保有することが義務付けられます。

 

【車種ごとのの補助金交付上限額】 他の車種はこちらからダウンロード(26年度版)

マツダ補助金

これを見るとマツダアクセラスポーツは70,000円を上限として補助金が交付される。アテンザなら120,000円までだ。

 

本体価格は3,121,200円消費税込み)であるが、これに重量税、取得税がかからないために、

登録諸費用・自動車税・自賠責保険・リサイクル費用の合計 ⇒ 146,490円だけ足されて、

3,267,690円から補助金額をマイナスして出来上がり価格だ。(ここから値引きを頑張って!)

 

 

【お知らせ】気になるニュースをお届けしますシミュライズ《無料》
日常生活から、就職、婚活、買物、教育など人生のさまざまなライフイベントについて
周りに溢れるお金の情報を整理しお届けいたします。

 

 

このXDの燃費は

21.4㎞/リットル (MT車)

19.6km/リットル (AT車)

ガソリン車としても悪い燃費ではないが、ガソリンと、軽油の値段はどれくらい違うかを見ておきましょう。

本年8月18日の店頭価格は全国平均で

ガソリン1リットル 169.0円に対し、

軽油は1リットル 146.9円

なので、13%ほど安いのである。

 

【店頭ガソリン価格の推移:資源エネルギー庁出典】

ガソリン価格

 

燃費を20km/Lと仮定して、1日40kmで毎日走るとすると、

 

ガソリン車 2L/日*31日*12か月*169円=125,736円/年

ディーゼル車 2L /日*31日*12か月*146.9円=109,294円/年

 

その差は16,442円/年となり1月でも1000円以上も差が出るのである。

 

 

※「ポスト新長期規制」とは
新車の乗用車、トラック、バスから排出されるNOx(窒素酸化物)およびPM(粒子状物質)の低減を図ることを目的として、国土交通省によって制定された自動車排出ガス規制の基準です。
2009年10月から新車のディーゼル車などに対して適用が開始されています。
世界的にも非常に厳しい規制として有名であり、この規制をクリアしているクリーンディーゼル車はエコカーとして補助金・減税対象の車両となっています。

 

マツダ関連記事


マツダ車に興味のある方はこちらもどうぞ

 

【支出】マツダデミオは世界に誇れる新しい時代のワンクラス上のコンパクトカーだ! CX3にも大いに期待!

【支出】マツダのスポーツを存分に味わうコスト マツダロードスター アドバンテージローンで何とか買いたい!

 【支出】マツダ CX-3 コンパクト クロスオーバーSUVの大本命だ!

 

 最新オリジナルニュースやジャンル別の記事については、ホームへ どうぞ。

 

 

 

▲TOPに戻る