最新

【運用】株式バスケットは小幅下落 総じて動きの少ない市場 回復期待バスケと景気循環バスケをモニターする。

株式バスケットは115.13と0.15の小幅下落となった。

NISA0820

一旦調整局面にはいったかと思われた8月であったが、このところまた上昇し始めた。

ゲームやバイオという小型株をメインにしたレギュラーバスケットは8月の上昇は緩やかである。

 

 

6月の比較的大型の多いバスケット群の中で、景気循環と回復期待バスケットの上昇が目立つ。

NISA0820④

8月9日あたりのボトムからの急速な回復(7%程度上昇)で景気循環バスケットも100に脅しつつある。

景気循環株バスケットの中身は以下のような大型株を中心としたものになっている。

 

NISA0820⑤

 

 

また一時業績の落ち込みの激しかったメーカーを中心にその復帰に期待する回復期待バスケットも101.22まで回復し、正のリターンになっている。

  NISA0820②

 

回復期待の中ではソニーやシャープといった大手家電メーカーの株価の回復が見られようになっている。

不振に悩む任天堂もやや回復傾向が見られた。

NISA0820③

 

 

小型株から大型株、景気循環系の株に資金が向かいつつあるときは上昇が継続する可能性も高い。

安定的な上昇局面に入るには

  • 地政学的リスクがあまり大きくならないこと
  • 景気の指数が回復傾向をしっかりとみせること。
  • 台風・大雨等の災害の影響が増大しないこと。

 

 

▲TOPに戻る