最新

【運用】注目の日本株バスケットパフォーマンス 商社バスケットとREITインデクスの安定した動き

 

総合商社バスケット


 6月より運用を開始している総合商社バスケットは、総合商社全体として104.22とまずますのパフォーマンスを示している。

三井物産、伊藤忠商事は徐々に他に差をつけ始めている。

銘柄コード 銘柄名 2014/8/18 6月末 7月末 7月のリターン%
8031 三井物産(株) 108.49 103.23 108.07 4.84
8058 三菱商事(株) 103.21 102.88 103.07 0.19
8053 住友商事(株) 100.11 102.32 100.34 -1.98
8001 伊藤忠商事(株) 106.29 105.29 105.25 -0.04
8002 丸紅(株) 103.02 100.96 102.17 1.21
インデクス   104.22 102.93 103.78 0.84

三井物産、伊藤忠商事が先頭を進み、その後を三菱商事、丸紅が追い上げる状態になっている。

三井物産に至っては8%以上の上昇となっている。

SONY DSC

 

 

REITバスケット


5月から運用を開始しているREITバスケットについては森トラストを先頭にどの銘柄もコンスタントに上昇をしてきている。

REITインデクスは113.81と13%以上のリターンであり、しかもあまり大きな下落期間もなく、上げてきている。

どの銘柄も6月末<7月末<現在となっているバスケットは珍しい。

コード 名称 8月18日終値 7月末 6月末
8959 野村不動産オフィスファンド投資法人 111.26 111.15 108.87
8961 森トラスト総合リート投資法人 120.92 114.31 110.69
8968 福岡リート投資法人 113.77 112.45 107.04
3278 ケネディクス・レジデンシャル投資法人 113.93 106.81 104.67

 

REIT0818

▲TOPに戻る