最新

【収入】生涯給与ランキング2014 ガラス・土石製品業-旭硝子がトップ守る、2位にアップは太平洋セメント、TOTO給与大幅増

上場企業の2014年3月末の決算情報を用いた、主要業種の生涯給与ランキング・アップデート。今回は、ガラス勢は収益的にやや苦戦、セメント、ガイシその他の企業群は市場環境の好転をうけて好業績企業が目立ち、業界内で製品分野により明暗が分かれているガラス・土石製品業界です。

 

ここでは、上位15社の生涯給与ランキング、全企業の生涯給与ランキング、各社業績情報のアップデート、更に、財務データからみえる将来の給与動向を展望してみたいと思います。

 

2014生涯給与ランキング — ガラス・土石製品業界 (上位15社)

順位 銘柄
コード
  会社名  生涯給与
 (億円)
前年変化  40歳給与
 (万円)
平均
年齢 
平均給与
 (万円)
1 5201 旭硝子 2.89 -0.5% 790 40.7 802
2 5233 太平洋セメント 2.61 1.6% 713 42.3 747
3 5202 日本板硝子 2.54 0.3% 696 42.5 731
4 5333 日本碍子 2.53 -1.5% 693 38.1 666
5 5232 住友大阪セメント 2.49 1.1% 681 40.7 691
6 5214 日本電気硝子 2.49 -5.4% 680 43.0 720
7 5384 フジミインコーポレーテッド 2.46 -3.2% 673 39.1 660
8 5344 MARUWA 2.46 0.0% 672 38.5 651
9 5334 日本特殊陶業 2.40 -1.6% 656 37.5 623
10 5237 ノザワ 2.37 6.6% 649 43.5 692
11 5234 デイ・シイ 2.34 1.5% 642 41.5 662
12 7943 ニチハ 2.34 -1.1% 640 41.8 665
13 5332 TOTO 2.31 15.0% 633 42.8 668
14 5393 ニチアス 2.26 3.2% 618 42.4 648
15 5381 Mipox 2.26 0.4% 617 38.0 592

(注1) 生涯給与、40歳給与は、各社の有価証券届出書データを用い、シミュライズ給与カーブモデルによる推計値
(注2) 平均年齢、平均年収は企業による公表値
(注3) 前年変化は、生涯給与の前年度推計値からの変化
(注4) 業種の分類は東証分類によるものの一部弊社独自の分類を加味。なお、平均給与を公表していない企業、従業員数が少ない企業等を除く

 

 

ガラス・土石製品業界は他業界と比較して、前年対比の給与水準が小動きの企業が目立ちます。ランキングトップは生涯給与を前年比0.5%とわずかながら減らしたものの、売上高で業界最大手の旭硝子(株)がトップを守りました。2位には生涯給与を前年比1.6%伸ばしたセメント首位の太平洋セメント(株)が昨年4位からアップ。3位には生涯給与が前年比ほぼ変わらずのガラス2位の日本板硝子(株)が昨年4位からランクアップしました。 

 

目立ったのが生涯給与を1400万円減らし、前年2位から6位にランクダウンした日本電気硝子(株)。同社は薄型パネル用ガラス大手ですが、売上高が前年比12%減、経常利益36%減となっています。 一方で、衛生陶器シェア最大手のTOTO(株)は、生涯給与を前年比3000万円伸ばし前年28位から13位に大幅ランクアップしています。 好調な国内住宅市場や消費税増税前の駆け込み需要の影響も受け、同社は大幅な増収増益を記録しています。

 

ランキング各社の業績まとめ (連結ベース)

銘柄 コード 会社名 売上高 (億円) 前年 変化 経常利益 (億円) 前年 変化 ROE
5201 旭硝子 13,200 10.9% 631 -27.1% 0.9%
5233 太平洋セメント 8,403 12.4% 696 113.0% 14.7%
5202 日本板硝子 5,532 -4.2% -157 -8.3%
5333 日本碍子 3,087 22.1% 458 108.0% 8.1%
5232 住友大阪セメント 2,351 7.3% 224 53.3% 8.7%
5214 日本電気硝子 2,525 -12.1% 144 -36.9% 2.5%
5384 フジミインコーポレーテッド 275 -15.2% 15 -60.1% 1.9%
5344 MARUWA 335 37.2% 36 16.2% 6.5%
5334 日本特殊陶業 3,298 8.9% 550 98.6% 10.9%
5237 ノザワ 202 16.9% 22 120.9% 8.5%
5234 デイ・シイ 394 4.2% 20 49.9% 5.0%
7943 ニチハ 1,142 13.1% 94 32.0% 10.5%
5332 TOTO 5,534 16.2% 504 93.3% 17.6%
5393 ニチアス 1,471 7.4% 111 13.4% 9.4%
5381 Mipox 38 10.3% 3 -0.2% 5.4%

(注1) 連結ベース。有価証券報告書等を基にシミュライズ作成

 

続いて、企業の直近年度の財務情報を用いて今後の給与動向を探れるよう、いくつかの財務データを見ていきたいと思います。ここで取り上げる指標は以下になります。

 

① 配当性向 当期純利益に対して配当金支払額の占める割合。 利益をどれだけ株主に配当しているかを示す
② ROE 当期純利益を純資産合計で割った指数。投下資本に対して企業の稼ぐ力を示す総合的な指数といえる
③ 経常利益(従業員一人当たり) 経常利益を従業員数で割った数値
④ 純資産額(従業員一人当たり) 純資産額を従業員数で割った数値
⑤ 現金等(従業員一人当たり) 現預金(同等物も含む)を従業員数で割った数値

 

ランキング各社の配当性向・ROE・従業員一人当り財務データまとめ (平均給与公表企業単独決算ベース)

銘柄 コード 会社名 配当性向 ROE 経常利益 (一人当たり) 純資産額 (一人当たり) 現金等 (一人当たり)
5201 旭硝子 56.0% 6.7% 6.9 92.6 1.4
5233 太平洋セメント 27.1% 12.7% 29.1 112.6 3.0
5202 日本板硝子 0.0% 0.0% 0.8 141.9 4.3
5333 日本碍子 32.3% 11.0% 7.5 60.8 3.3
5232 住友大阪セメント 20.0% 7.9% 15.6 114.6 21.3
5214 日本電気硝子 132.5% 1.4% 1.6 250.3 53.1
5384 フジミインコーポレーテッド 33.4% 6.2% 4.8 69.4 17.4
5344 MARUWA 23.5% 6.2% 9.2 94.0 25.0
5334 日本特殊陶業 19.6% 13.1% 8.8 43.5 0.0
5237 ノザワ 20.2% 8.7% 7.2 32.8 11.2
5234 デイ・シイ 15.5% 5.7% 11.4 117.0 7.6
7943 ニチハ 34.7% 7.6% 4.1 32.8 7.8
5332 TOTO 25.3% 17.7% 4.4 27.2 0.3
5393 ニチアス 35.3% 9.4% 5.0 35.2 4.0
5381 Mipox 14.6% 9.7% 4.1 50.6 16.2

   (注)金額は百万円

 

ROEは企業の投下資本に対する総合的な稼ぐ力、 配当性向は企業の株主への利益還元姿勢を表します。 ROEが一定水準以上あり配当性向の高い企業は、今後も資本効率よく収益を稼ぎながら従業員への還元も続けて行く可能性が相対的に高いと考えられます。 上記表より、ROEが一定水準あり、配当性向が相応に高い企業として、太平洋セメント(株)、日本碍子(株)、日本特殊陶業(株)、TOTO(株) あたりが挙げられます。

 

これらの企業のうち、太平洋セメント(株)日本碍子(株)、および、TOTO(株) は、従業員一人当たりの経常利益や純資産額でみて業界内で相対的に高い水準を保ち、比較的効率的な経営を続けていると想定されます。従業員一人当たりの現金額は相対的にやや少なめであるものの、今後の給与伸びの余地が他社対比あるのではないかと考えられます。

 

シミュライズでは引続き、企業の給与動向を見ていきたいと思います。

 

<ご注意>
当サイトにおけるコンテンツ情報は、各種情報元より取得したデータの集計・加工等を行い掲載しており、推計値や推測等も多く含んでいます。あくまで参考としてのご利用にとどめてくださいますようお願いします。また重要な判断の際には、必ずご自身で情報元をご確認ください。情報に関しましては精査をしておりますが、当社は、その正確性や最新性について保証しません。当社が提供するコンテンツ情報に関連して利用者に発生したいかなる損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。

 

関連記事


生涯給与ランキング2014 電気機器 - キーエンス盤石のトップ、ヒロセ電機伸びる

生涯給与2014アップデート 総合商社 - 伊藤忠商事がトップ奪取、丸紅、豊田通商も大きく伸びる

生涯給与2014アップデート 放送業 - テレビ朝日、大幅躍進!

生涯給与ランキング2014 不動産業 - 三菱地所トップ堅持、ヒューリック伸びる

 

▲TOPに戻る