最新

【英語】 “Daruma” : だるま、開眼させて目標達成に励みましょう!

 “Daruma” is a traditional Japanese tumbler doll representing Bodhidharma, who founded the Zen sect of Buddhism in the sixth century.
だるまは、6世紀に仏教の一派である禅宗を起こした菩提達磨を模し日本の伝統的な起き上がり像です。

“Daruma”, representing Bodhidharma sitting in meditation, is made of paper-marche, limbless and typically painted in red.  “Daruma” is made in various sizes, but typical size as large as a melon.  It is weighted on the bottom, so it always recovers upright position whenever it is tumbled. 
座禅を組んだ菩提達磨を表すだるまは、張子製で手足が無く、赤く塗られていることが多い。様々な大きさのものがあるが、多いのはメロン程の大きさです。下部に重みづけがされていて、倒しても必ず真っすぐな姿勢に戻ります。

Nowadays “Daruma” is regarded more as a bringer of good luck.  It is considered a symbol of perseverance and reaching the objective, as it always stands up positively.
だるまは現代では縁起物です。常に立ち上がることから、忍耐と目的到達のシンボルと考えられています。

pixta_7930757_S

気になる、年収!お金に関するSNS<<シミュライズ>>無料

生涯給与、年収、賞与等を徹底比較した記事満載。あなたに関連した企業
や気になる業界ランキングなども。転職、就職、結婚、マーケティングに。

 

“Daruma” fairs are held mostly at New Year’s time, and sold “Daruma” have no eyes painted on the face.  The possessor usually puts in one eye and makes a wish, and at later stage, paints in the other eye of the doll when he has had his wish realized.
だるま市はたいてい新年にたちます。その際、だるまには目が描かれていません。購入者は通常、片方の目を入れ開眼させて願を掛けます。その後、自分の願いがかなえられたときにもう一方を描きいれます。

 

 pixta_8051773_S

 

Please explore our “Japan Cool” page to learn more about  the heart and essence of Japan and its culture.

 

▲TOPに戻る