最新

【運用】株式バスケットは大幅反発 金曜日の下落を取り戻す展開 新しい8月スタートバスケット追加

株式バスケットは先週金曜日の下げを取り戻す形となった。11日は113.78で2.21ポイントのアップとなった。

MAY20140811

6月バスケット

6月 日付 当日 前日 前日比
10011 STOP銘柄 112.43 108.99 3.44
10012 配当重視 103.93 102.05 1.88
10013 総合商社 101.66 100.16 1.50
10014 M&A 94.40 92.58 1.82
10015 回復期待 96.78 95.07 1.71
10016 エネルギー 92.25 91.51 0.75
10017 景気循環 94.95 92.87 2.08
10018 クールジャパン 115.42 108.54 6.88
10019 リスクオフ 97.42 98.43 -1.01
10020 合計 101.03 98.91 2.12

 

7月バスケット

7月 日付 本日 前日 変化率
10021 ストップ2 78.17 77.41 0.76
10022 ロボット 98.86 93.23 5.63
10023 カジノ 102.38 99.96 2.42
10024 人材 94.16 90.90 3.26
10025 LINE 92.65 88.43 4.22
10026 学習塾 95.73 95.16 0.57
10027 水素ステーション 93.66 91.92 1.74
10028 コンビニ 101.69 100.46 1.23
10029 ウーマン 93.68 89.46 4.22
10030 合計 94.55 91.88 2.67

 

8月バスケット

8月 日付 本日 前日 変化率
10031 株式分割 98.45 96.15 2.31
10032 銀行 95.82 92.89 2.92
10033 旅行 102.03 100.00 2.03
10034 レジャー 102.89 100.00 2.89
10035 米国 101.98 100.00 1.98
10036 VIX 94.42 100.00 -5.58
10037      
10038      
10039      
10040 合計 99.26 98.17 1.09

 

8月のバスケットには以下のようなポートフォリオを組み込みます。

 

株式分割バスケット(Port10031)

株式分割が予定されている、あるいは株式分割の直後という銘柄を狙う。株式分割後には最低購入価格が下がるため、個人の投資家のお金が入ってくるチャンスである。比較的大型で流動性の高い銘柄を狙う。

9201 日本航空(株)
3141 ウエルシアホールディングス(株)
3387 (株)クリエイト・レストランツ・ホールディングス
3665 (株)エニグモ
3282 コンフォリア・レジデンシャル投資法人

 

銀行バスケット(Port10032)

銀行の中で時価総額が大きく、再編の中核銀行となりうる、あるいは独自の立場を築ける銀行をピックアップした。

8331 (株)千葉銀行                  
8332 (株)横浜銀行
8354 (株)ふくおかフィナンシャルグループ
8355 (株)静岡銀行
8358 スルガ銀行(株)

 

旅行バスケット(Port10033)

団塊の世代の海外旅行、アベノミクスで給料の上昇、プチバブルの様相を示し始めた時代の流れで、旅行への消費が進行する。

2450 (株)一休
9202 ANAホールディングス(株)
9022 東海旅客鉄道(株)
9726 KNT−CTホールディングス(株)
9376 (株)ユーラシア旅行社

 

レジャーバスケット(Port10034)

同じく消費の意欲の上昇に合わせ、レジャー関連への消費も活発化。高齢者への浸透でレジャー施設も賑わうことを見込む。

4680 (株)ラウンドワン
9681 (株)東京ドーム
4661 (株)オリエンタルランド
8136 (株)サンリオ
9603 (株)エイチ・アイ・エス

 

米国バスケット(Port10035 )

日本よりも先に景気回復の波に乗り始め、株価が日本株よりも相対的に上昇する。

1545 (NEXT FUNDS)NASDAQ-100(R)連動型上場投信
1547 上場インデックスファンド米国株式(S&P500)
1588 iシェアーズ米国小型株ETF(ラッセル2000)
1589 iシェアーズ米国高配当株ETF(MS配当F)
1590 iシェアーズ米国不動産株ETF(ダウ米不動産)

 

VIXバスケット(Port10036)

長い間低く抑えられてきたVIX(恐怖指数・ボラティリティインデクス)の上昇を見込む。

1552 国際のETF VIX短期先物指数
1561 国際のETF VIX中期先物指数
2029 iPath VIX中期先物指数連動受益証券
2030 iPath VIX短期先物指数連動受益証券
2035 NEXT NOTES 日経平均VI先物指数 ETN
▲TOPに戻る