最新

【収入】生涯給与ランキング2014 情報通信 -フジ・メディアがトップ奪取、スクエニ給与大幅ダウン

上場企業の2014年3月末の決算情報を用いた、主要業種の生涯給与ランキング・アップデート。今回は、同一業界内に、通信、情報サービス、インターネット関連など実に様々な事業を営む企業を含む情報通信業界です。

 フジメディア

今回は、上位15社の生涯給与ランキング、各社業績情報のアップデート、更に、財務データからみえる将来の給与動向を展望してみたいと思います。

 

2014生涯給与ランキング — 情報通信 (上位15社)

順位 銘柄
コード
  会社名  生涯給与
 (億円)
前年変化  40歳給与
 (万円)
平均
年齢 
平均給与
 (万円)
1 4676 フジ・メディア・ホールディングス 5.09 2.9% 1,384 43.4 1,506
2 9684 スクウェア・エニックス・ホールディングス 4.44 -29.1% 1,207 44.8 1,352
3 9984 ソフトバンク 4.23 0.0% 1,150 38.3 1,097
4 4307 野村総合研究所 4.16 0.5% 1,131 38.7 1,091
5 4716 日本オラクル 3.66 0.0% 997 39.5 983
6 4839 WOWOW 3.60 1.1% 979 41.1 1,009
7 3632 グリー 3.59 0.0% 977 31.2 744
8 3652 ディジタルメディアプロフェッショナル 3.46 10.0% 941 38.2 895
9 9433 KDDI 3.32 2.8% 904 41.4 940
10 9602 東宝 3.31 0.7% 901 38.9 874
11 3636 三菱総合研究所 3.28 0.0% 893 42.6 956
12 4684 オービック 3.26 1.0% 889 35.3 773
13 9613 エヌ・ティ・ティ・データ 3.22 0.0% 876 36.7 798
14 4762 エックスネット 3.20 -3.3% 872 35.6 766
15 4812 電通国際情報サービス 3.19 0.8% 869 39.5 857

(注1) 生涯給与、40歳給与は、各社の有価証券届出書データを用い、シミュライズ給与カーブモデルによる推計値
(注2) 平均年齢、平均年収は企業による公表値
(注3) 前年変化は、生涯給与の前年度推計値からの変化
(注4) 業種の分類は東証分類によるものの一部弊社独自の分類を加味。なお、平均給与を公表していない企業、従業員数が少ない企業等を除く

 

 

ランキング上位2社は、ともに40代半ばの平均年齢を持つ社員数十人のみを有する持ち株会社です。トップは、生涯給与を前年比1400万円程伸ばし5億円台にのせた(株)フジ・メディア・ホールディングス。 同社は、フジテレビやニッポン放送などフジサンケイグループの中核持ち株会社です。

 

なお、シミュライズでは、生涯給与ランキング作成にあたり、「放送業」という分類を設けており、(株)フジ・メディア・ホールディングスは給与水準等の比較上そちらに分類してもよいのかもしれません。現状では、同社の連結事業に占める放送事業の売上割合が50%程度と、他の放送業の企業と比べて少ないことから、こちらの「情報通信業」に分類しています。

 

ご参考 → 生涯給与2014アップデート 放送業  

 

2位は、前期の経常損失から回復し今期は利益を計上したものの、生涯給与を前年比で何と1億8000万円減らし、昨年1位からランクダウンの(株)スクウェア・エニックス・ホールディングスです。同社は連結ベースで3000人以上の従業員を有しますが、持ち株会社従業員は22人のみで、かつ平均勤続年数も約2年と短くなっています。人員の入れ替わりがかなりあったことも想定されます。

 

昨年と同順位の3位は、大幅な増収を達成し、生涯給与を1100万円程伸ばしたソフトバンク(株)。 同社も連結ベースで7万人以上いる従業員のうち、165人のみの提出会社従業員の数値です。 その他で目立ったのが、生涯給与を前年比10%、3000万円程伸ばし、前年18位から8位にランクアップの(株)ディジタルメディアプロフェッショナル。同社は、主にゲーム機器、自動車、モバイル通信機器等に組み込まれる半導体向けの専用回路を開発・提供している企業で、画像描写用の回路設計のライセンス事業が主なビジネスです。

 

ランキング各社の業績まとめ (連結ベース)

銘柄
コード
会社名 売上高
(億円)
前年
変化
経常利益
(億円)
前年
変化
ROE
4676 フジ・メディア・ホールディングス 6,421 1.6% 348 -26.2% 3.0%
9684 スクウェア・エニックス・ホールディングス 1,550 4.8% 125 5.2%
9984 ソフトバンク 67,122 98.7% 5,303 -18.8% 21.4%
4307 野村総合研究所 3,859 6.1% 524 14.2% 9.6%
4716 日本オラクル 1,531 7.2% 429 6.0% 34.6%
4839 WOWOW 703 -0.4% 75 10.6% 13.3%
3632 グリー 1,522 -3.8% 533 -35.0% 22.9%
3652 ディジタルメディアプロフェッショナル 4 -50.3% -4
9433 KDDI 43,336 18.3% 6,629 28.9% 12.2%
9602 東宝 1,976 -2.3% 303 -1.2% 7.0%
3636 三菱総合研究所 811 7.6% 56 70.6% 7.6%
4684 オービック 550 9.3% 249 15.9% 12.6%
9613 エヌ・ティ・ティ・データ 13,438 3.2% 622 -24.1% 3.4%
4762 エックスネット 30 -4.8% 5 -21.7% 5.2%
4812 電通国際情報サービス 740 1.7% 48 10.6% 7.4%

  (注1) 連結ベース。有価証券報告書等を基にシミュライズ作成

 

続いて、企業の直近年度の財務情報を用いて今後の給与動向を探れるよう、いくつかの財務データを見ていきたいと思います。ここで取り上げる指標は以下になります。

 

① 配当性向 当期純利益に対して配当金支払額の占める割合。 利益をどれだけ株主に配当しているかを示す
② ROE 当期純利益を純資産合計で割った指数。投下資本に対して企業の稼ぐ力を示す総合的な指数といえる
③ 経常利益(従業員一人当たり) 経常利益を従業員数で割った数値
④ 純資産額(従業員一人当たり) 純資産額を従業員数で割った数値
⑤ 現金等(従業員一人当たり) 現預金(同等物も含む)を従業員数で割った数値

 

ランキング各社の配当性向・ROE・従業員一人当り財務データまとめ (平均給与公表企業単独決算ベース)

銘柄
コード
会社名 配当性向 ROE 経常利益
(一人当たり)
純資産額
(一人当たり)
現金等
(一人当たり)
4676 フジ・メディア・ホールディングス 68.5% 3.0% 436.2 12,861.9 682.3
9684 スクウェア・エニックス・ホールディングス 0.0% 0.0% 25.5 4,707.6 1,844.5
9984 ソフトバンク 19.6% 26.7% 1,329.4 5,059.6 3,687.0
4307 野村総合研究所 39.3% 10.1% 7.8 50.7 0.3
4716 日本オラクル 40.3% 19.1% 17.2 31.0 11.8
4839 WOWOW 18.7% 15.7% 25.8 105.5 30.7
3632 グリー 13.3% 8.3% 30.4 55.4 21.5
3652 ディジタルメディアプロフェッショナル 0.0% 0.0% -12.2 66.8 46.1
9433 KDDI 29.5% 14.4% 53.4 252.5 5.2
9602 東宝 27.9% 7.3% 53.8 494.8 12.3
3636 三菱総合研究所 35.0% 5.3% 3.0 36.2 4.2
4684 オービック 33.8% 14.7% 12.4 58.7 28.7
9613 エヌ・ティ・ティ・データ 50.0% 5.2% 5.0 59.5 7.6
4762 エックスネット 78.4% 5.3% 3.3 37.5 8.2
4812 電通国際情報サービス 38.7% 5.4% 2.3 26.4 0.2

 (注)金額は百万円

 

ROEは企業の総合的な稼ぐ力、 配当性向は企業の株主への利益還元姿勢を示します。 ROEが一定水準以上あり配当性向の高い企業は、今後も収益を稼ぎながら従業員への還元も続けて行く可能性が相対的に高いと考えられます。 上記表より、ROEが一定水準であり、配当性向が相応に高い企業として、ソフトバンク(株)(株)野村総合研究所、日本オラクル(株)、KDDI(株)(株)オービック、等が確認できます。

 

これらの企業のうち、ソフトバンク(株)、日本オラクル(株)、(株)オービックは、従業員一人当たりでみた経常利益や純資産額が業界内の平均水準より高く比較的効率的な経営を続けていると想定され、また、従業員一人当たりの現金額も多いことから、今後の給与伸びの余地が他社対比あるのではないかと考えられます。

 

シミュライズでは引続き、企業の給与動向を見ていきたいと思います。

 

<ご注意>
当サイトにおけるコンテンツ情報は、各種情報元より取得したデータの集計・加工等を行い掲載しており、推計値や推測等も多く含んでいます。あくまで参考としてのご利用にとどめてくださいますようお願いします。また重要な判断の際には、必ずご自身で情報元をご確認ください。情報に関しましては精査をしておりますが、当社は、その正確性や最新性について保証しません。当社が提供するコンテンツ情報に関連して利用者に発生したいかなる損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。

 

関連記事


生涯給与ランキング2014 電気機器 - キーエンス盤石のトップ、ヒロセ電機伸びる

生涯給与2014アップデート 総合商社 - 伊藤忠商事がトップ奪取、丸紅、豊田通商も大きく伸びる

生涯給与2014アップデート 放送業 - テレビ朝日、大幅躍進!

生涯給与ランキング2014 不動産業 - 三菱地所トップ堅持、ヒューリック伸びる

 

▲TOPに戻る