最新

【運用】FX:シカゴ投機筋のポジション動向(8/1NY公表)- 円ショート久しぶりの大幅増、ユーロショート増大継続、雇用統計受けた今後に注目か

全米先物取引委員会(CFTC)により週末公表されている、シカゴ通貨先物市場における最新の投機筋ポジション動向。参考にしている市場参加者も多く、FX取引の際には是非確認をしておきたい。今週の変化を簡単にまとめています。

 

この週末NY時間に公表されているポジションは、先週火曜日時点(7/29)のものであることをご注意の上、ご覧ください。

 

関連記事 →【運用】FX取引の際にはチェックしておこう、シカゴ投機筋のポジション動向

 

今年に入ってからの主要通貨の投機筋ネットポジション(対ドル)の動きをグラフ化しています。 
CME140801

(注1)CFTC公表データをもとにシミュライズまとめ

 

 

現状のネットポジション、過去1週間の変化、1ヶ月の変化をまとめています。
 
 各通貨(対ドル)の投機筋ネットポジション(枚)

通貨 2014/7/29
ネットポジション
1週間変化 1ヶ月変化
JPY -73,069 -19,153 -14,383
EUR -108,075 -19,252 -47,299
GBP 24,910 -2,587 -31,502
AUD 39,606 813 727
NZD 15,289 157 6,304
CHF -11,764 -4,384 -4,504
CAD 22,691 2,110 19,996

 

一週間の主な動き: 

  • 市場全体でドル高の流れが加速した中、円ショートは久しぶりに大きく積み増されています。(公表ポジションは火曜日時点の集計) USD/JPYも一旦103円台を付けましたが、金曜日のやや弱めの雇用統計を受けて、今後の動向が注目されます。
  • ユーロも引き続きショート大幅積み増し。こちらもEUR/USDは1.33台へ入りました。雇用統計を受けて1.34台へと戻しましたが、欧州経済も弱く追加緩和も検討されており、ユーロ安トレンドは継続するのでしょうか。
  •  英ポンドは、ニューロングも少し入っていますがそれ以上にショートが入り、ネットでは、引き続ネットロングポジション減少の動き。
  •  スイスフランはショートが積み上げ方向。

 

シミュライズのFX分析ツールも是非あわせてご活用ください。

btnSimulize_Exchange

クリックしてシミュライズ

 

活用方法については、以下記事等をご参考にしてくだくさい。
【運用】FX取引のアイデア実験室 トレンドと取引タイミング シミュライズFX

 

▲TOPに戻る