最新

【運用】株式分割を控えた株式を購入してみる。でも最低購入金額あるよね。。8月選抜

MIXI、サイバーダイン、コロプラ等の決算、その後の株式分割、株価上昇が見られることもあり、株式分割が行われる会社の中から、いくつかをピックアップし、8月のバスケット選抜第1号とした。

株式分割したあるいは近く予定されている会社については最近の記事「【運用】分割直後のサイバーダインのクールジャパンバスケットを覗いてみよう。分割後の高騰は?」 を見てもらいたい。

 

株式分割が近いと同時に流動性が高く、株式時価総額の高い銘柄を選ぶ。また他のバスケットとの重なり、相関等を考えてポートフォリオを作成している。

pixta_5381821_S

 

株式分割バスケット(7月31日にスタート)


 

これが株式分割を控えた銘柄の中から、時価総額、成長性、流動性を検討したうえで、選択した銘柄バスケットである。

コード 銘柄名 最近の株価
9201 日本航空(株) 5,730
3141 ウエルシアホールディングス(株) 6,660
3387 (株)クリエイト・レストランツ・ホールディングス 4,035
3665 (株)エニグモ 1,379
3282 コンフォリア・レジデンシャル投資法人 187,900

 

これらの銘柄でポートフォリオを組み、バスケットを作成する。

100万円のNISA枠で買おうとすると問題がある。それは最低投資金額である。

銘柄コード 銘柄 市場 最低購入金額 ミニ株最低単位
9201 日本航空(株) 東証1部 573,000 57,300
3141 ウエルシアホールディングス(株) 東証1部 666,000 66,600
3387 (株)クリエイト・レストランツ・ホールディングス マザーズ 403,500 40,350
3665 (株)エニグモ マザーズ 137,900 13,790
3282 コンフォリア・レジデンシャル投資法人 東証1部 187,900 18,790

この最低購入金額は今日の終値に最低購入株数を掛け合わせた値 : この合計は1,968,300円が投資金額として必要である。

そこで今日学んでみたいのが、ミニ株である。なんと1/10の最低購入金額で買えてしまうのである!

 

ミニ株について


 

このミニ株商品はSMBC日興証券、SBI証券、楽天証券等で取り扱っている。SMBC日興証券のページはこちら 取扱銘柄が確認できます。

気をつけないといけないのが、すべての銘柄がミニ株で取扱いできるわけではない。

このミニ株の要点は以下のようなものである。(日興証券から抜粋)

  • 通常、株式の多くの銘柄は、1000株を一単元として売買します。[株式ミニ投資]は、その10分の1、つまり100株単位で売買ができる制度です。(100株単位が一単元の銘柄は、10株単位となります。)
  • 投資対象銘柄は、東証1部・2部・JASDAQ、名証1部・2部の上場銘柄のうち当社が選定する銘柄です。→ここに要注意!
  • 株価の高い銘柄(値がさ株)でも、10分の1の投資額ですみます。
  • 注文日の翌営業日の寄り付きで約定します。※株式ミニ投資詳細情報をご参照ください。
  • 受渡は、約定日から4営業目です。→ばんばん売り買いはできません。!

これを使えば制限はいろいろあるが、100万円以内に抑えることも可能になる!デイトレードを考えているわけではないのなら、これも一つの選択肢である。

またもともと株式分割を行う目的が多くの投資家が購入できるようにすることであるので、ミニ株と同じような意味を持つが、いろいろな制限がはずれ通常の株式取引となるので、

投資家にとってはミニ株よりも大きなメリットがある。

 

今の時期に今後数か月の株式分割を予定する銘柄を仕込んでいき、上昇するかどうかを観察していきたい。

また最低金額が高い銘柄の中から株式分割のアナウンスがあるかもしれないと期待して購入する手も考えられる。

 

 

 

▲TOPに戻る