最新

【運用】FX – シカゴ投機筋のポジション動向アップデート(7/11NY公表)

シカゴ通貨先物市場における最新の投機筋ポジション動向が、全米先物取引委員会(CFTC)により週末公表されています。
前回記事でご説明のとおり、FX取引の際に参考にしている市場参加者も多いことから、直近変化を簡単にまとめておきたいと思います。
この週末NY時間に公表されていものは、先週火曜日(7/8)時点のものであることをご注意の上、ご覧ください。

 

前回記事 →【運用】FX取引の際にはチェックしておこう、シカゴ投機筋のポジション動向

 

今年に入ってからの主要通貨の投機筋ネットポジション(対ドル)の動きをまとめたものです。
CMEPositoin140711

(注1)CFTC公表データをもとにシミュライズまとめ

 

 

現状のネットポジション、過去1週間の変化、1ヶ月の変化をまとめています。
 
 各通貨(対ドル)の投機筋ネットポジション(枚)

通貨 2014/7/8
ネットポジション
1週間変化 1ヶ月変化
JPY -66,375 -7,689 15,787
EUR -59,265 1,511 -2,080
GBP 41,639 -14,773 5,797
AUD 36,603 -2,276 8,356
NZD 14,416 5,431 -2,439
CHF -6,813 447 -3,783
CAD 10,295 7,600 34,403

 

上記より、最近の主な動きとしては、以下のことが読み取れます。
・ 年初からネットショートが減少しきた円は、このところ横ばい圏内。ここ一週間では少しショートが積み上がりました。
・ 5月以降ショートが積みあがっていたユーロは小康状態。
・ 英ポンドは積みあがっていたロングが一週間でだいぶ減少。
・ 豪ドルは引き続きゆるやかにロングが積みあがるトレンドの中。
・ このところネットショートの減少が続いていたカナダドルのロングが積みあがり始めています。

 

 

 

シミュライズのFX分析ツールも是非あわせてご活用ください。

btnSimulize_Exchange

クリックしてシミュライズ

 

▲TOPに戻る