最新

【運用】不動産市場回復継続-都心オフィス空室低下、中古マンション価格上昇続く

都心オフィスビルの空室率の6月の数値が公表され、6.45%と改善傾向は続き、12か月連続の低下となりました。(オフィス仲介大手の三鬼商事(株)による)   前回の回復サイクルにおける 2004年終盤と同程度の水準です。同時に、都心オフィスの平均賃料も6か月連続の上昇となっており、都心不動産市場の回復が続いていることが分かります。

 

OfficeVacancy201407

 

これまでの記事で見てきたように、オフィスビル市場にみられる不動産市場の回復傾向は、マンション市場にも着実に表れています。(株)東京カンテイによる東京23区の中古マンション価格動向をみると、5月の平均価格は4,174万円(70㎡換算値)と、1年前と比べて5.4%の上昇となっています。

MansionPrice202407
このところのREIT市場上昇なども踏まえ、今の不動産市場の回復が、前回の不動産サイクルの2005年-2008年でみられたような力強い上昇へと今後繋がっていくのかどうか引続き注目していきたいと思います。

▲TOPに戻る