最新

【運用】NISAは大幅なダウン-1.287%(-132,800円) 小型株を中心に大幅な下げ

株式市場は、内閣府が10日発表した5月の機械受注統計は、民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)が6853億円と前月に比べて19.5%減ったことなどより、大きく下落した。

 

機械受注は予想外の大幅な下落、ユニクロの下方修正、ベネッセの個人情報流出と暗い雰囲気に覆われた市場はクローズにむけてだらだらと下落した。

 

今現在(0:00時)NYダウも100ポイント以上下げて推移している。

 

レギュラーバスケットは大幅な下落、9バスケットの平均インデクスは113.19となって、まだ13%の上昇を維持しているが、最高値116.26から3%近い下落になっている。
NISA0710

 

 

6月バスケットは-1.457% 、-132,750円のダウンとなった。レギュラー、6月候補、ともに大幅な下落となった。

上昇を示したのは、貴金属、リスクオフバスケットのみの上昇となった。

 

ID 日付 当日 前日 前日比
10010 STOP銘柄 102.68 106.18 -34,930
10011 配当重視 103.86 105.04 -11,839
10012 総合商社 102.26 103.25 -9,926
10013 M&A 97.91 100.84 -29,295
10014 回復期待 100.02 101.03 -10,037
10015 エネルギー 92.67 94.07 -13,965
10016 景気循環 100.92 101.82 -8,961
10017 クールジャパン 97.93 99.60 -16,690
10018 リスクオフ 99.82 99.53 2,893

 

機械受注の下落は予想外。消費税上げの影響はまだ見定めにくく、景気の本格的な回復はまだ安心できないレベル。

「機械受注は、増加傾向に足踏みがみられる」という見方だったが、足踏みから後退へとならなければいいのだが。。。

来月の動向が心配となった。

 

▲TOPに戻る