最新

【収入】生涯給与ランキング2014 陸運業 - 阪急阪神ホールディングス大幅増でトップ奪取

上場企業の2014年3月末の決算情報を用いた、主要業種の生涯給与ランキング・アップデート。今回は、陸運業です。
ランキング上位10社を見てみたいと思います。 それ以下は今後各業種の集計が終わり次第データセンターに掲載されます。

 

2014生涯給与ランキング— 陸運業 (上位10社)

順位 銘柄
コード
  会社名  生涯給与
(億円)
前年変化  40歳給与
(万円)
平均
年齢
平均給与
(万円)
1 9042 阪急阪神ホールディングス 3.27 8.5% 890 41.6 896
2 9003 相鉄ホールディングス 3.16 2.3% 861 49.7 934
3 9064 ヤマトホールディングス 3.11 1.2% 847 37.4 838
4 9024 西武ホールディングス 2.86 780 37.7 773
5 9008 京王電鉄 2.73 -0.2% 744 40.2 744
6 9005 東京急行電鉄 2.72 -0.5% 742 39.6 741
7 9009 京成電鉄 2.72 0.1% 741 42.2 748
8 9086 日立物流 2.71 740 39.8 739
9 9007 小田急電鉄 2.69 -0.8% 734 39.3 732
10 9022 東海旅客鉄道 2.66 0.4% 724 37.3 716

(注1) 生涯給与、40歳給与は、2014年3月有価証券届出書データを用い、シミュライズ給与カーブモデルによる推計値
(注2) 平均年齢、平均年収は企業による公表値
(注3) 前年変化は、生涯給与の前年度推計値からの変化
(注4) 平均給与を公表していない企業、従業員数が少ない企業等を除く

生涯給与が2500万円強増大した大塚ホールディングスが前年3位からにランキングトップに躍進。上位10社中、鉄道会社が8社を占めます。アベノミクス等の効果の顧客増や、消費税導入に伴う3月中の定期券先買いによる増収、また、百貨店売上高の増大により、鉄道各社は収益を伸ばしているケースが多い。当該8社の経常利益は、前年比8%~20%半ばの伸びとなっています。

運送業のトップは、3位のヤマトホールディングス。 前年比で400万円ほど生涯年収が増加しています。

ランキング上位10社の業績情報

銘柄
コード
会社名 売上高
(億円)
前年
変化
経常利益
(億円)
前年
変化
ROE
9042 阪急阪神ホールディングス 6,792 -0.5% 812 8.4% 7.7%
9003 相鉄ホールディングス 2,308 -5.9% 188 17.2% 10.3%
9064 ヤマトホールディングス 13,746 7.2% 647 -4.9% 6.2%
9024 西武ホールディングス 4,734 3.1% 381 24.0% 6.9%
9008 京王電鉄 4,080 2.8% 302 23.3% 5.5%
9005 東京急行電鉄 10,831 1.4% 626 11.3% 11.0%
9009 京成電鉄 2,450 0.4% 370 20.8% 11.5%
9086 日立物流 6,245 14.1% 200 2.0% 3.2%
9007 小田急電鉄 5,232 1.5% 421 15.7% 9.5%
9022 東海旅客鉄道 16,525 4.2% 4,043 23.2% 14.6%

 (注) 有価証券報告書等を基にシミュライズ作成

 

今後更に多数の企業を見ていく過程で、給与の伸びに影響を与える要因について探っていければと思います。

 

 

関連記事


生涯給与2014アップデート 総合商社 - 伊藤忠商事がトップ奪取、丸紅、豊田通商も大きく伸びる

生涯給与2014アップデート 放送業 - テレビ朝日、大幅躍進!

 

 

▲TOPに戻る