最新

【収入】2つの給付金しっていますか?申請しないともらえません!

「2つの給付金」 厚生労働省はテレビでも忍者のコマーシャルを始めていますが、お気づきですか?あなたが得する情報です。

厚生労働省は子育て世帯臨時特例給付金と臨時福祉給付金の詳細を紹介する特設ウェブページ「2つの給付金を開設した。以下をよく確認してください。

消費税のアップで苦労している家計を少しでも助ける給付金です

 

 

①子育て世帯臨時特例給付金


 

【内容】 平成26年4月から消費税率が8%へ引き上げられますが、子育て世帯の影響を緩和し、子育て世帯の消費の下支えを図る観点から、臨時的な給付措置として行うものです。また、児童手当の上乗せではなく、臨時福祉給付金(簡素な給付措置)と類似の給付金として、これと併給調整をして支給するもの。

 

【対象者】 基準日(平成26年1月1日)における平成26年1月分の児童手当(特例給付を含む。)の受給者であって、その平成25年の所得が児童手当の所得制限額に満たない方を基本とします。 対象者診断チャートを見よ!

 

 

【金額】

対象児童1人につき 1万円

【申請】 支給対象者は、原則として、基準日(平成26年1月1日)時点の住所地の市町村(特別区を含む。)に対して、支給の申請を行う。
申請を受け付けた市町村は、児童手当の受給状況、平成25年の所得、臨時福祉給付金の受給資格等について審査の上、支給対象者に対して支給を行う。

 

②臨時福祉給付金


 

【内容】 平成26年4月から消費税率が8%へ引き上げられますが、所得の低い方々への負担の影響に鑑み、暫定的・臨時的な措置として、臨時福祉給付金を支給する予定です

【対象者】 平成26年度分市町村民税(均等割)が課税されない方が対象。

 ただし、 ご自身を扶養している方が課税される場合
       生活保護制度の被保護者となっている場合  などは対象外。

【金額】

支給対象者1人につき 1万円

支給対象者の中で下記に該当する方は、5千円を加算

 ・老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金等の受給者など
 ・児童扶養手当、特別障害者手当等の受給者など

【申請】 申請先は、基準日(平成26年1月1日)において住民登録がされている市町村となります。申請・支給手続については、現在準備中。

大事なこと、忘れないで!


 

申請が必要です。特設ウェブページ「2つの給付金」を確認して、必ず申請してください。例外や、制限もあるので、必ず区役所、市役所に行って確認してください。

 

▲TOPに戻る