最新

【支出】チェーンストア販売統計の見方 今月は前年対比で―2.2%だが回復傾向

チェーンストア協会発表6/23発表のチェーンストア販売統計(月報)では会員60社の9,208 店の販売金額をは発表している。

 

チェーンストアの販売統計の特徴


 

下図はチェーンストアの26年5月の販売金額のシェアを表している。

チェーンストア売上シェア

コンビニ業界のシェアと比較すると、食料品が63.09%に対し、コンビニが36.2%+27.7%=63.9%と極めて近い割合であるのが面白い。

 

 

サービス売上がコンビニエンスストアのほうがチェーンストアよりシェアが大きい。、(コンビニの場合サービスの定義はコピー、ファクシミリ、宅配便、商品券、ギフト券、乗車券、
各種チケット、テレフォンカード、宝くじ、D.P.E、レンタル、航空券、宿泊券、クリーニング等)

コンビニ売上シェア

チェーンストアの売上の構成比は上記のように食料品が中核をしめており、生鮮食料品である農産品、畜産品、水産品でおよそ22%をしめる。

ここがコンビニエンスストアとの大きな差異である。

 

 

チェーンストア推移

売上高は16兆8千億をピークに減少傾向、店舗数も9000を超えないレベルで落ち着いている。

ただしストアの床面積は店舗の大型化で年々拡大しており、2013年で25.050百万平米を超えてきている。

 

 

 

5月の動向


 

5月のチェーンストアの売上は店舗調整後で前年同月比では-2.2%とマイナス、衣料品、住関品、サービスで前年を大きく下まわる。

前月対比では大きく改善し、+5.5%アップ。衣料品、食料品を中心に大きく回復している。

 

取 扱 部 門 構成比(%) 販売金額(万円) 前年同月比(%)店舗調整前 前年同月比(%)店舗調整後 前月比(%)
総 販 売 額 100 105,934,747 101 97.8 105.5
食  料  品 63.1 66,837,766 102.9 99.3 106.5
 農 産 品 8.9 9,454,321 105.2 101.9 106.5
 畜 産 品 7.2 7,678,828 109.3 105.5 105.7
 水 産 品 5.9 6,237,073 102.7 99.3 104.4
 惣 菜 7.2 7,575,553 107.3 103.3 105.4
 その他食品 33.9 35,891,991 100.2 96.7 107.2
衣  料  品  9.7 10,278,511 94.6 93.5 112.7
 紳 士 衣 料 2 2,101,325 95.2 94.5 112
 婦 人 衣 料 3.1 3,318,404 94.1 93.8 112.8
 その他の衣料・洋品 4.6 4,858,782 94.7 92.9 112.9
住  関  品 20.7 21,953,337 99 95.4 99.8
 日用雑貨品 8.5 9,018,766 102.6 96.8 103.3
 医薬・化粧品 3.2 3,352,140 97 96 99.7
 家具・インテリア 4.3 4,567,310 100.7 97.1 89.2
 家 電 製 品 0.8 826,112 85 84.1 99.1
 その他商品 4 4,189,009 94.8 92.9 106
サ ー ビ ス 0.3 310,386 103.9 90.4 90.3
その他 6.2 6,554,747 98.9 98.6 106.2

 

 

分類を把握するために詳細をここに掲載しておく。

分類 商品名


農産品 野菜類、果実類 などの農産品
畜産品 食肉類、鶏卵 などの畜産品
水産品 魚貝類 などの水産品
惣菜 和・洋・中華惣菜、弁当、サンドウィッチ などの惣菜類
その他食品 米穀類、酒類、飲料類、調味料、乾物、菓子類、缶・瓶詰食品 などの上記に含まれない食品


紳士衣料 スーツ等ビジネス衣料、ジーンズ等カジュアル衣料 などの紳士衣料品類
婦人衣料 ドレス等外装類、スカート等カジュアル衣料 などの婦人衣料品類
その他の衣料・洋品 子供服、肌着、靴下、水着、傘、靴、宝石・貴金属を除く装身具類 など上記に含まれない衣料・洋品類


日用雑貨品 食器類、調理用具、紙類、文具、玩具、たばこ、バッグ類 などの日用雑貨品類
医薬・化粧品 医薬品、医療用品、化粧品、化粧道具、防虫剤、芳香剤等住居用品 などの医薬・化粧品類
家具・インテリア 和洋家具類、ベッド、布団類、カーテン類 などの家具・インテリア類
家電製品 AV機器、エアコン、電気洗濯機、電気冷蔵庫、パソコン、電話機 などの家電製品類
その他商品 スポーツ用品、ペット関連商品、ガーデニング用品、自転車、宝石・貴金属類 など上記に属さない商品
サービス部門 チケット販売、キャッシング、DPE、クリーニング などのサービス業務全般
その他 商品供給高(商品卸売高)など、上記の商品・サービス売上に属さない売上高
(※ただし、食堂・喫茶部門の売上高を除く)

 

 

 

 

 

 

▲TOPに戻る