最新

【収入】人員不足、アルバイト時給高騰。正社員上回るかも!

ファーストフード、居酒屋チェーン等でアルバイト不足による店閉鎖や営業縮小が生じており、アルバイトや正社員でも働く人の確保が大変難しくなっている。

都内では1500円というようなバイトでもなかなか候補が見つからないケースも出てきている、またインターネットサイトでも時給1500円以上のアルバイト等のサイトが立ち上がっている。

アルバイト時給推移

上記は厚生労働省発表の賃金構造基本統計調査報告(平成25年度)からの数値で右肩上がりで上昇を続けていることが見れる。

26年度はアベノミクスの影響で、正社員の賃金が上昇し、かつ労働の需給がひっ迫していることもあり、1,500円台が多くなっても不思議ではない。

順位 都道府県
1 東京 1,281 1,181
2 奈良 1,162 997
3 千葉 1,152 1,058
4 茨城 1,134 966
5 愛知 1,130 1,056
6 兵庫 1,130 1,030
7 神奈川 1,107 1,122
8 広島 1,107 1,011
9 三重 1,103 981
10 大阪 1,099 1,034
11 長野 1,096 976
12 滋賀 1,084 1,001
13 富山 1,079 993
14 岡山 1,079 935
15 岐阜 1,076 969
16 静岡 1,072 975
17 徳島 1,072 970
18 埼玉 1,071 1,009
19 群馬 1,063 990
20 山口 1,054 905

出典:短時間労働者の都道府県、性、主な産業別一時間当たり賃金

東京では平均でも全産業平均1,281円と、全国一の数字である。20位の山口でも1,000円を超える水準となっている。

下位のランキングでは沖縄が男性で唯一800円台な他は900円台にのせている。

順位 都道府県
40 岩手 969 870
41 宮崎 962 828
42 福岡 956 906
43 佐賀 946 873
44 大分 935 919
45 熊本 921 843
46 青森 903 821
47 沖縄 854 815

1日8時間の労働をこのバイトレベルで計算すると

東京の平均値で算出すると、

1,281円*8時間*23日(7日休み)=235,704円となり、247,000円:平成25年度の大学卒の 25~29歳の月給の数値

と大きく変わらないレベルになってきている。

シミュライズで今後もこのバイトの時給の数字の見える化にも取り組んでいきたい。

▲TOPに戻る