最新

【収入】生涯給与伸び率ランキング企業の財務情報からみえる給与動向

生涯給与伸び率ランキング(12月決算企業) の掲載企業について、今回は、2位以下の企業の利益状況をまず見てみることで、企業の財務情報からみえる給与の動向を確認したい。


生涯給与伸び率ランキング(12月決算企業)については →こちら
生涯給与伸びランキング(12月決算企業) 掲載企業の売上高・経常利益・当期利益

 

順位 銘柄
コード
  会社名   業種 売上高
(百万円)
前年変化 経常利益
(百万円)
前年変化 当期利益
(百万円)
前年変化
1 6801 東光 電気機器 32,700 22% 3,251 251% 2,602 2068%
2 9704 アゴーラ・ホスピタリティー・グループ サービス業 7,064 65% -166 -269
3 6784 プラネックスホールディング 電気機器 9,794 -33% 145 -85% 60 -98%
4 4586 メドレックス 医薬品 68 -22% -616 -621
5 3649 ピーエスシー 情報・通信業 2,382 20% 838 14% 517 20%
6 1899 福田組 建設業 127,365 14% 4,144 43% 3,265 20%
7 7957 フジコピアン その他製品 9,643 -1% 216 -43% 65 63%
8 9622 スペース サービス業 42,235 15% 2,714 10% 1,690 86%
9 6054 リブセンス サービス業 4,256 88% 1,585 42% 983 65%
10 2461 ファンコミュニケーションズ サービス業 22,721 57% 4,126 79% 2,563 56%
11 7531 清和中央ホールディングス 卸売業 44,887 11% 950 208% 882 362%
12 1897 金下建設 建設業 18,177 36% 428 321
13 9656 グリーンランドリゾート サービス業 7,873 3% 309 51% 191 50%
14 3276 日本管理センター 不動産業 26,806 14% 1,040 22% 642 31%
15 7587 パルテック 卸売業 17,611 33% 782 443
16 2721 ジェイホールディングス 卸売業 877 41% -94 -110
17 5959 岡部 金属製品 62,736 14% 6,588 36% 3,911 43%
18 1429 日本アクア 建設業 9,825 51% 925 40% 512 41%
19 2311 エプコ サービス業 3,299 22% 828 40% 469 32%
20 9386 日本コンセプト 倉庫・運輸関連 9,113 24% 2,048 83% 1,222 85%

(注)前年変化は、2012年12月期実績からの変化率。いずれかの年がマイナスの場合は、” – ” と表記。

 

ランキング上位20社を見ると、一部の企業を除いて売上高、或いは、当期利益が前年から大きく上昇していることが分かります。

売上高や最終利益の伸びている企業は給与アップを図る余地が大きいことを示していると考えられますが、更に、昨日取り上げた従業員数で比率化した指数(売上高/従業員数、経常利益/従業員数、当期利益/従業員数、現金(同等物含む)/従業員数)の前年変化を見ると、この傾向がより顕著に見てとれます。

 

各指数の前年変化率
(売上高/従業員数、経常利益/従業員数、
当期利益/従業員数、現金(同等物含む)/従業員数)

順位 銘柄
コード
  会社名   業種 売上高
従業員数比率
経常利益
従業員数比率
当期利益
従業員数比率
現金(含同等品)従業員数比率
1 6801 東光 電気機器 32% 279% 2241% 41%
2 9704 アゴーラ・ホスピタリティー・グループ サービス業 65% 126%
3 6784 プラネックスホールディング 電気機器 -34% -85% -98% -65%
4 4586 メドレックス 医薬品 -22% 2286%
5 3649 ピーエスシー 情報・通信業 16% 11% 16% 40%
6 1899 福田組 建設業 15% 43% 20% -2%
7 7957 フジコピアン その他製品 6% -39% 75% -11%
8 9622 スペース サービス業 15% 10% 86% -10%
9 6054 リブセンス サービス業 82% 37% 59% 46%
10 2461 ファンコミュニケーションズ サービス業 55% 77% 54% 45%
11 7531 清和中央ホールディングス 卸売業 13% 213% 369% 26%
12 1897 金下建設 建設業 38% -3%
13 9656 グリーンランドリゾート サービス業 2% 49% 49% -24%
14 3276 日本管理センター 不動産業 15% 23% 33% -43%
15 7587 パルテック 卸売業 35% -30%
16 2721 ジェイホールディングス 卸売業 41% -46%
17 5959 岡部 金属製品 17% 40% 47% 10%
18 1429 日本アクア 建設業 43% 32% 33% 787%
19 2311 エプコ サービス業 19% 36% 29% 4%
20 9386 日本コンセプト 倉庫・運輸関連 21% 78% 79% 46%

(注)前年変化は、2012年12月期の比率値と2013年12月期の比率値の変化率。いずれかの年がマイナスの場合は、” – ” と表記。

 

ランキング3位のプラネックスホールディングと、4位のメドレックスを除いて売上高/従業員数比率は前年から上昇していて、かつ、殆どの企業で上昇率は相応に大きいと言えます。また、4位のメドレックスについては、売上高/従業員数比率は減少しているものの、現金/従業員比率は大きく増えており、給与増加余地が高かったことが伺えます。

 

シミュライズでは、引き続き多数の企業の財務状況の分析を進め、給与動向の指標化を行っていきたいと思います。

▲TOPに戻る