最新

【収入】年収推測モデルの変数 給与を今後上げてくれそうな会社 東光のケース

2013年12月期決算企業の生涯給与伸び率ランキングで、最上位を示した、東光(株)の生涯給与は2億1622万円で24%上昇であったが、これが将来さらにどのようになっていくかを会社の財務状況から判断し、指標化することをシミュライズでは行っていく。

東光業績動向

東光(6801)は売上高、経常利益は順調に過去3期増加してきている。会社の全般的な動向は会社の従業員給与にも好ましい動きとなっている。

売上高/従業員数をシミュライズでは給与を増大させる一つの大事な要素とみている。

東光業績動向②

さらに損益計算書上の経常利益/従業員数、現金、および現金同等物/従業員数、が増加すれば経営にとって従業員給与を増やすことがさらに可能になる。

東光の現金および現金同等物は大幅に増加してきており2013年12月期では106億3200万円、経常利益も32億5100万円と安定的に増加している。

従業員数の数はあまり変動していないため、給与を増やす環境は整っている。

シミュライズでのレベルはA~Eの5段階評価でB(上から2番目)と評価している。

▲TOPに戻る