最新

【運用】配当重視型NISAバスケット(3%以上) +16,318円

NISAの6月スタートバスケットは以下のような銘柄になっている。

配当利回り、出来高(流動性)、値幅変動率(ボラティリティ)、業界配分を考慮した銘柄たちである。

 

コード 市場 名称 時価総額 EPS PER BPS PBR
9437 東証1部 (株)NTTドコモ 7,503,435百万円 112.07円 14.85倍  1,360.91円  1.26倍
7201 東証1部 日産自動車(株) 4,258,514百万円 92.82円 9.75倍  1,035.06円  0.91倍
4502 東証1部 武田薬品工業(株) 3,720,185百万円 135.10円 43.75倍  3,129.63円  1.51倍
8031 東証1部 三井物産(株) 2,800,766百万円 231.79円 7.47倍  2,000.78円  0.78倍
1928 東証1部 積水ハウス(株) 925,248百万円 118.63円 10.37倍  1,346.95円  1.00倍

 

配当が3%以上あるため、株価が現状を維持したとすると、債券や預金と比較して、高いリターンが得られる。

今週の推移は101.63でクロース氏、1.63%の上昇で終わっている。したがってキャピタルゲインとインカムゲインの両方がポジティブな状態にある。

NISA高配当

5月の銘柄と比べ、小幅ながら安定した上昇を期待しているバスケットであるが、今週は良好なパフォーマンスである。

株投資の中で、安定したリターンを目指す、投資家向きのバスケットである。

 

 

▲TOPに戻る