最新

【支出】住宅ローンの比較の間違いに気をつけて 保証料+手数料+その他のメリット

真剣に住宅ローンを考えている方はよく注意して見てください。 住宅ローンについては比較サイトがあり、表面金利でランキングされているもの、保証料を含めてランキングをしているものが多い。

しかし、手数料については 保証手数料と事務手数料に分かれており、かつ 事務手数料を借入金額*手数料率と記載されているものもあるため、非常に比較しづらい。

繰上返済についてはインターネット使用や他のサービス利用で無料になることが増えているが、この手数料は無料にはならないので、気をつけたい。

 

6月2日時点での銀行の住宅ローン金利ランキング


 

RANK 銀行名 変動金利 保証料 最終レート 手数料 手数料率 5年固定 10年固定
1 住友SBIネット銀行 0.6500 0.000 0.650 0 2.16% 0.500 1.410
2 楽天銀行 0.7050 0.000 0.705 324,000 1.165 1.636
3 じぶん銀行 0.7750 0.000 0.775 0 2.16% 1.550 1.900
4 三井住友信託銀行 0.7950 0.000 0.795 0 2.16% 1.050 1.410
5 ソニー銀行 0.8990 0.000 0.899 43,200 0.955 1.382
6 三菱UFJ信託銀行 0.7250 0.200 0.925 32,400 1.100 1.580
7 イオン銀行 0.7700 0.000 0.970 108,000 1.000 1.250
8 りそな銀行 0.7750 0.200 0.975 32,400 1.150 1.400
9 三井住友銀行 0.7750 0.200 0.975 32,400 1.100 1.400
10 みずほ銀行 0.7750 0.200 0.975 32,400 1.150 1.350
11 東京三菱銀行 0.7750 0.200 0.975 32,400 1.050 1.400
12 新生銀行 0.9800 0.000 0.980 100,000 1.100 1.650

上記の表は3列目の最終レートをベースに上位の銀行をランキングしたものである。手数料を考慮しないと、上記の順に金利は低く設定されている。

テーブルにおいて、3列目の最終レートは表示の最優遇金利に保証料を反映させたものである。しかし最終手数料を加えて考えないといけない。

手数料については実額のものと、借入額*2.16%というような借入額に比例した金額になっているものがある。

ちなみに具体的に手数料の金額は

5,000万円だと1,080,000

3,000万円だと648,000

となる。

従って、借入金額(多くは1億円まで借り入れ可能)によっては、手数料は高くなり、最高で216万円までになることもあり得る。

詳細のシミュレーションをするなら、シミュライズ住宅ローン計算機でしっかり分析しよう。

 

手数料率で計算している場合の考え方


 

1.3000万円の住宅ローン35年で計算すると0.2%の差異は返済金額でどれくらいになるのか?

差異はおよそ1,186,499円になる。

2.3000万円の住宅ローン20年で計算すると0.2%の差異は返済金額でどれくらいになるのか?

差異はおよそ646,400円になる。

上記の手数料の料率2.16%で計算すると、

3000万円*2.16%=648,000円

従って、3000万円の20年の借入だと、ほぼ0.2%分の金利上乗せと同じくらいの金額になることから、3000万円で20年以上の長さの借入期間、あるいは3000万円以上の借入金額で20年の借入だと、

0.2%を基準金利に上乗せする方が、手数料は大きくなる。

 

 

 

 

 

 

▲TOPに戻る