最新

【家電】GoogleからChromecast販売、Chromecastってなに?買うべき?

テレビとインターネットの統合というテーマはずっと騒がれてきているが中々実現できていない。

多くのテレビではインターネット接続はされているし、使いにくいけどリモコンをなんとか駆使して、インタネットコンテンツを楽しむことも可能になりつつはあった。

しかし、なぜかあまり普及しない。モバイル機器とTVの連動をうたった機器もすでにいろいろ出ていた。

 

Chromecast

 

なぜここでChromecastなのか?

やはりクールさ、簡単さ、それでできるようになることが不足していたからだ。

ではChromecastはどうなんだろう?しばらく使い方を追っていくために編集部では購入してみた。

 

 

TVでインターネット


TVでインターネットボタンを押して使うインターネット機能、YouTubeやその他のWEB閲覧機能はなぜだめか?

 

① リモコン等操作が面倒、ソフトも使いにくい、クールじゃない。

② 反応が遅い、あるいは遅く感じる。

③ そもそも一人でこっそり見たいからTVでは見たくない。

 

これからリモコンの使いやすさ、反応の速さ、使い勝手が改革されればまだ余地はある気がするが、液晶の綺麗さにFocusはまだおかれていて、今は4Kが最重要戦略のよう。。。。

 

TVとモバイル


この数年で出てきたのがモバイルの端末とTVの連動である。

 

そこで、最初に登場したAppleTVというガジットは非常に良かった。セットアップの面倒くささを覗けばまあまあ使えるものであった。

これでYouTubeやiTuneから購入したビデオの鑑賞はかなり良くなった。

 

しかし、小さいとはいえAppleTVのデバイスは持ち運びしてどこでもというより、設置をして、セットアップをして、というもので家の中でも持ち運びはしたくない。

またHuluなどのアプリもパッドで見ても意外と見れて、AppleTVを買うインセンティブは弱くなった。

 

しかもApple TVは9,800円(税別)とまだ少し高い。

iPhoneの音楽、写真、動画もみたい、アップルの信者であり、Androidはいらないという人はこれを買うべきであろう。

 

またAirPlay機能はiOSデバイスにあるコンテンツを、Apple TVを経由してハイビジョンテレビやスピーカーにワイヤレスでストリーミングするもので、デバイスのディスプレイに表示されているものを、そのまま大画面に映し出すこともできる。

これは今回のChromecastと同じようなもの。アップルはやはり一歩先を行っている。

 

アップルファンは無理してCHROMECASTを手に入れる必要はないし、たぶん興味を持たないだろう。

step1-appletv-hero

 

リモコンもシンプルで使いやすい。

 

 

リモコン

 

 

【お知らせ】気になるニュースをお届けしますシミュライズ《無料》
日常生活から、就職、婚活、買物、教育など人生のさまざまなライフイベントについて
周りに溢れるお金の情報を整理しお届けいたします。

 

 

 

Miracastは出たのだが。。


 Android派の人には数年前からMiracastという製品がいくつか出ており、

これはAndoroid、iOS両方に対応し、モバイルデバイス内のものをTVに無線で出力するデバイスで、かなり便利かと思われたが、

Android、iOSのバージョンやテレビとの相性とでなかなか動作しない経験を持たれた方も多いのでは。また接続できても安定して稼働しない、すぐ接続が切れてしまった等の問題も指摘されていた。

 

iPhoneとの連携は当然AppleTVの方がはるかに良いのは仕方がないことであろう。

 

 

そこでChromecastが登場


Chromecastは値段が4,200円と大胆プライス。

持ち運びもでるスティックタイプ、Google 製品だから、Andoroidとの連携も当然良い。

 

Miracastという統一規格は素晴らしいが、やはりGoogle 製品の方がマッチングは最高。

特にNexsus系のモバイル機器を使用しているユーザーには純正のChromecastは大変期待が持てる。

 

しかもこの値段であるから、5,000円台のMiracast、9,800円のAppleTVに有意であり、かつ持ち運びできるこのサイズはかなり魅力的である。

とくにiPhoneに興味のなAndroid 信者にはこれに限るかも。

 

 

そこでなににこれを使うかであるが。。


 

まずみな何に使うか考え始めていると思うが、典型的な使い方は以下の通りである。

 

① テレビでニコニコ動画、YouTubeを楽しむ。

② モバイルで撮影した動画、写真をテレビでみなで楽しむ。

③ 年賀状やクリスマスカードを写真、動画で送り合って楽しむ。

④ 孫とおじいちゃん、おばあちゃんがスカイプする。(スカイプはオンラインで会話、ビデオ会話するためのもの。コンピュータ、テレビ、モバイル機器と様々なデバイスで使用が可能だ。)

⑤ Dビデオ、Hulu等のサービスを大画面で楽しむ。

⑥ 企業がプレゼンテーションをモバイル活用で行う。

 

等いろいろ考えられる。しかしApple派にはまだAppleTVが最適。もっと小さくなり、AppleTVも持ち運びできるSDカードくらいのサイズになるのを待つべきか。。

 

またはGoogleでいろいろなコンテンツを購入することも検討すべきか、これからのメディア戦略次第ではかなりこのChromecastも使い勝手がよくなるかもしれない。

 あと電源が必要なためバッテリー内臓型のものがなんとか次バージョンで実現してほしいものだ。

 

 最新オリジナルニュースやジャンル別の記事については、ホームへ どうぞ。

 

 

 

▲TOPに戻る