最新

【社会】東京で消滅していく区はどこか?人口減少問題検討分科会

日本創成会議・人口減少問題検討分科会 提言において以下のような統計が発表された。

 

1.人口移動が収束しない場合において、2040年に若年女性が50%以上減少し、人口が1万人以上の市区町村(373:黒色部分)

2.人口移動が収束しない場合において、2040年に若年女性が50%以上減少し、人口が1万人未満の市区町村(523:灰色部分)

 

若年女性というのは、子供を産む可能性の高い女性であり、20歳から39歳と設定している。その女性の人数が50%以上減少する可能性がある地域を発表している。

北海道や、東北等のエリアで黒いエリアが目立つが、なんと東京でも豊島区が灰色になっている。

 

消滅地域地図

 

都内でのランキングを見ると、豊島区についで、足立区、杉並区が若年女性の減少率が40%を超えていることがわかる。

 

消滅可能性都市 クリックして拡大

 

(クリックして拡大できます。)

これをもとに”消滅可能性”があるというとショックなことであるが、若年女性の数を増やす方策を考えるtきっかけを与えるものであると信じたい。

あの「池袋」をもつ豊島区が灰色分類されたことは豊島区の方々だけでなく、日本全体にとりショックな結果であることに間違いはない。

▲TOPに戻る