最新

家計調査:12月はもっとも忙しく、苦しい月

国民の統計は総務省統計局というところがサンプルとして選んだ家計の数値を集計し、公表しています。家計については家計消費統計が毎月発表されています。今日は2014年2月までの2年間の数値を見てみましょう。下図は2人以上の世帯の家計です。極端な増加傾向が見えていないところをみると、まだまだ景気の拡大は家計に表れていないのかもしれません。一つ覚えておきたい要素は12月は毎年出費の多い月です。当然年末の買いだし、正月の準備、帰郷、旅行等出費が膨らみがちです。

主要家計消費

 

(参考:総務省統計局家計調査)

 

 

2年間の平均より、

37,490円

46,431円

の違いです。平均より4万円くらい出費が増えるので、計画を立てるときに、かならず年末分4万円は余裕をもたせましょう。

あとは3月も同様にピークが見えて、ここでも年度末、卒業、お祝い、入学準備、等の出費が膨らむようです。

 

▲TOPに戻る