最新

【運用】資産運用を始める前に考える4つのこと シミュライズ流

かならず投資する前に以下のことを考えてください。投信が流行ったり、いろいろな人に勧められたり、NISAとか聞いて焦ったり、その前に以下の4つを真剣に考えて、メモってみてください。書けないものがあるときは一度冷静に考えてみる必要があります。

1.なぜ投資するのか?

なんのために投資するのかをはっきりさせてください。老後資金が足りないからとか、趣味の品を買うためとか、スリルを味わいたいからとか、日本に貢献したいからとか、なんでも理由はいいですが、堂々と言える理由を見つけてください。1兆円もっている人は投資する必要はないかもしれません。5000円でも投資すべきタイミングの人がいるかもしれません。

2.いくらの金額を投資すべきか?

生活がまず第一です。人生を棒に振ってしまっては何もなりません。貯金やほかの資産、これからの収入の安定度、等を考慮して投資すべき金額を決めて、これを安易に変更しないようにしてください。失敗しても、成功しても、あまり頻繁に金額を変えないようにしましょう。

もうかったからもっと投資、またもうかったさらに投資、最後にどぼん、全額を失うなんてよくあることです。

買っても負けても緒を締めるのは難しいことです。

 

3.なぜ貯金ではだめなのか?

貯金以外の投資商品を選ぶ場合、なぜその商品を選んだのか、よくよく考えてみてください。納得の行く説明ができるか、それをメモしておいて成功した時も、失敗したときもそれを振り返りましょう。

投信、株式、債券、REIT、不動産、金、為替先物、商品先物等なんでその商品を選んだか、どれくらい損する可能性があるか、をよく考えてみてください。

 

4.どこまで増えたら満足か、どこまで減ったら限界か?

昔から長期投資、短期投資とかいってきましたが、筆者は長期投資は難しい時代になっていると思っています。長くても5年以内、普通は1年程度、相場が動くときはより短い期間で売買することが、安全であると思っています。当然投資のスタイルにもよりますが、長い間信じて持っていなさい、と言われて二度と同じ額までもどらなかった株式とか、経験ありませんか?

そこで買うときも、売るときもタイミングをちゃんと考えて、損得の限度を設定しておきましょう。当たり前のことですが、意外とできていない人は多いようです。

 

シミュライズではいろいろな例を見ながら、真の運用方法をみなさんと探索できればと思います。

 

 

 

 

 

▲TOPに戻る